お年寄りへの気遣い
  仕事/社会福祉協議会とは/老人ホームとは/有料老人ホームを探す/良い施設の選び方/お問合せ

福祉のお仕事について

福祉の仕事には、子供や障害のある人、お年寄りなどが生活する入所施設、作業や訓練のための通所施設、福祉に関するあらゆる相談に応える相談機関等、さまざまな「場所」があり、さらにその中では、介護に携わる人、生活・作業支援をする人、福祉サービスのコーティネーターをする人、事務をする人など多くの職種の人が働いています。
”福祉の仕事とは何か”を一言でいうなら、お年寄りや障害のある人、子どもなどが地域社会の中で人間らしく生きていくための生活上の問題を解決し、自立に向けた福祉サービスの提供や相談・援助を行う仕事です。
福祉の仕事は、毎日が人と関わる仕事であり、そこに暖かい心の交流が生まれる仕事です。何よりも"やってよかった"と心から思える一瞬に出会うことができる仕事です。 そんな仕事をするためにも目指そう介護福祉士

介護職員(寮母・父)

  • 介護職員の仕事:福祉施設利用者の毎日の生活をサポートします。
  • 特別養護老人ホーム・養護老人ホームなど、お年寄りや障害のある人が利用される施設で、食事・入浴・排泄・着替えなどの身の回りのお世話をすることが中心です。
    また、施設の行事やレクリエーション、クラブ活動などを通して、施設利用者がいきいきと生活できるように援助する仕事です。特に新しい環境や共同生活への適応を支援する精神面への援助は大変重要視されています。

介護職員になるためには

健康で熱意がある方なら、だれでも就くことができます。ただ、高い専門性が必要とされているので、ホームヘルパーや介護福祉士の資格をもつ人を求められるようになってきています。

訪問介護員(ホームヘルパー)

  • 訪問介護員の仕事:介護が必要な方の生活をサポートします。
  • 介護が必要なお年寄りや障害のある人の家庭を訪問して、調理や洗濯、掃除などの生活援助、
    入浴・食事・着替え・排泄などの身体介護、悩み事の相談や行政機関などとの連絡調整を行ったり
    する仕事です。お年寄りや障害のある人などが、いつまでも住み慣れた家庭で生活が続けられるよう援助する、在宅福祉サービスの中心的な担い手です。
訪問介護員になるためには
健康で熱意がある方なら、誰でも就くことができます。ただ、これからは高い専門性が求められてくるので、「介護福祉士」 という国家資格を持つ人やホームヘルパー養成研修(1〜3級)を受講する人が増えてきています。
生活支援員(指導員)・生活相談員
  • 生活支援員(指導員)・生活相談員の仕事:より質の高い施設サービスの提供を目指します。
  • 生活支援員(支援員)・生活相談員は実に多様な業務をこなします。施設を利用している方の相談にのったり、利用者個々の生活援助プランの作成、施設全体の運営、病院や行政機関との連絡調整、さらに利用者と他の介護スタッフや利用者の家族との関係調整、地域との関わりなどのさまざまな業務を担うキーパーソンです。

生活支援員(指導員)・生活相談員になるためには

一般的には、社会福祉主事の任用資格を取得していることが求められます。ただ、社会福祉の専門的知識・技術、判断力、実行力、人間関係の調整能力などが要求される職種ですので、今後は社会福祉士という専門性の高い国家資格を持つ人が増えてくるでしょう。
児童支援員

児童支援員の仕事:子供達の健全な成長と自立を支援します。

  • 児童福祉施設で働く支援員を児童支援員(指導員)といいます。施設で生活する子どもたちが健全な発達を遂げられるように、日常生活での健康や安全に配慮しながら、基本的生活習慣の形成、学習指導など、子ども個々に応じた援助プランの作成と指導はもちろんのこと、施設の行事や 活動を通して社会に適応するためのルールやマナーの指導なども行います。また、家庭や学校、行政機関、児童相談所、地域などとの連絡調整なども大切な業務の1つです。

児童支援員になるためには

一般的には、児童指導員任用資格が必要です。

職業支援員(指導員)作業支援員(指導員)

職業支援員(指導員)作業支援員(指導員)の仕事:作業指導や生活支援を通じて障害者の方の自立を目指します。
身体障害のある人や知的障害のある人が利用する施設で、利用者の障害の種類、程度に応じた
作業や職業訓練を行い、障害のある人の潜在能力を最大限に引き出し、少しでも生活の自立や
社会への適応力を培うよう援助・指導します。

職業支援員(指導員)作業支援員(指導員)になるためには

  • 特別な資格は必要ありませんが、障害のある人への十分な理解をもつことが第一条件です。その上で仕事に熱意があって、指導する作業や職業訓練に相当の経験と技術が求められます。

保育士

保育士の仕事:子供達の健全な成長と発達を支援します。

保育園:働いているなどして家庭で子どもを十分に養育できない保護者に代わって、保育所で子どもを預かり、遊びなどの保育を通して子どもの健全な成長と発達を援助する仕事です。最近は、女性の社会進出が進み、仕事に就く母親が増えてきたことに伴って、低年齢児保育、延長保育など多様な保育サービスが求められています。また、育児相談などの「地域の子育て支援」という新たな役割も期待されるようになりました。
  • 児童福祉施設:保育所以外の児童福祉施設において、家庭での親に代わって、朝起きてから夜寝るまでの生活全般にわたってのお世話や指導を行います。基本的生活習慣や生活動作の訓練、社会生活に必要な ルールやマナーなど自立のための指導、親代わりとしての心理的な支援なども重要な役割となります。さらに、学校・家庭・児童相談所などとの連絡調整なども含め、子ども達の成長・発達を幅広い面から支援していく仕事です。

保育士になるためには

「保育士」の資格が必要です。保育士養成校を卒業するか、都道府県が行う保育士試験を受けて資格を取得し、平成15年11月以降に都道府県知事から保育士登録証を交付されると、国家資格として「保育士」を名乗ることができます。

理学療法士・作業療法士

理学療法士・作業療法士の仕事:訓練や作業を通じて機能回復を支援します。

  • 医学的リハビリテーションの専門職です。理学療法士(PT)は、歩行訓練等の運動療法や、温熱などの物理療法を行い、身体の運動機能の回復、障害の改善および予防などを行います。障害の改善および予防などを行います。また、義肢・補装具の適応訓練なども行います。作業療法士(OT)は個々の障害にあった機能訓練、手芸などの作業を通じて、応用的な生活動作や社会適応能力の回復を図ります。また、自助具の工夫なども行い、社会復帰の準備を促します。

理学療法士・作業療法士になるためには

原則として、理学療法士・作業療法士養成校を卒業し、国家試験に合格することが必要です。

介護福祉専門員

介護福祉専門員の仕事:在宅介護に関するベストプランを考えます。
  • 家庭でねたきりや痴呆などで要介護の状態にあるお年寄りとその家族の、在宅介護に関するさまざまな相談にのり、ケアプランの作成や保健福祉サービスの利用調整などを行って、サービス利用調整などを行って、サービス利用者の在宅生活を支援していきます。

介護福祉専門員になるためには

社会福祉士、介護福祉士、保健師、看護師、社会福祉主事等として、また、施設職員、訪問介護員等として相談・援助業務や介護等の業務に従事した者で、5年以上の実務経験を有する者が、実務研修受講試験に合格し、かつ指定の実務研修を終了した後、「介護支援専門員資格」が得られます。

看護師・保健師

  • 看護師・保健師の仕事:医療の側から利用者の生活を支援していきます。
老人福祉施設や障害者福祉施設などの利用スタッフとして、主に施設利用者の日常の健康管理、
病気の看護、施設の衛生管理などが仕事の中心です。また、最近では地域で活躍する場として、
「老人訪問看護ステーション」や「在宅介護支援センター」などがあります。老人訪問看護ステーションは、医師と連携を図りながらねたきりのお年寄りなどの家庭を訪問して、看護を行う機関です。「在宅介護支援センター」は、ソーシャル・ワーカーや介護福祉士とともに、ねたきりのお年寄りなどの在宅介護の相談にのり、保健福祉サービスの利用調整などを行います。

看護師・保健師になるためには

  • 看護師は看護師養成校を卒業して、看護師国家試験に合格する必要があります。さらに保健師学校で1年学び、保健師国家試験に合格すると保健師の資格が得られます。

社会福祉協議会職員

社会福祉協議会職員の仕事:住民が主役の地域の福祉づくりを支援します。
  • 県・市町村単位で設置されている民間団体で、誰もが住みよい地域社会を築くための地域福祉を
    推進する中核となる団体です。社会福祉に関する調査や啓蒙活動、在宅福祉サービスの企画・実施、住民参加による福祉活動の推進、行政機関など関係機関との連絡、調整、ボランティア活動の振興などさまざまな活動を行っています。
社会福祉協議会職員になるためには
  • 決められた資格はありませんが、一般的には 社会福祉主事任用資格が求められます。特にこれからはより高い専門性が求められるため、社会福祉士の国家資格を持つ人が増えてきています。介護福祉士を目指してから社会福祉協議会職員を目指してもいいかもしれません。

注目サイト

孤独死の特殊清掃やゴミ屋敷のお片付けなどでお困りの方も安心料金を無料お見積り!

遺品整理 横浜

結婚相談所の料金や評判などを比較してランキング形式で紹介しています。口コミでも人気の結婚相談所なので、安心して通うことができるでしょう!

結婚相談所 口コミ

メッシュネットやメッシュシートのクリーニングやメンテナンスのサービスを展開しております。

飛散防止 メッシュシート

最終更新日:2016/4/14

TOPへ

 
Copyright(C)2008 kaigonoizumi.All right reserved